思い煩わない

「何を食べまた何を飲むだろうかと自分の魂のことで、また何を着るのだろうかと自分の体のことで思い煩うのをやめなさい。」

木は実によって見分けられる

「あなた方は木をりっぱにしてその実もりっぱにするか、あるいは木を腐らせてその実も腐らせるかのいづれかにしなさい。木はその実によって知られるのです。まむしらの子孫よあなた方は邪悪な者であるのに、どうして良い事柄を語れるでしょうか。心に満ちあふれているものの中から口は語るからです。善良な人は自分の良いものを出し、邪悪な人は自分の邪悪な宝の中から邪悪なものをだします」。

岩塊の上の家、砂の上の家 〜行うか、行わないか〜

「それゆえ、これらのことばを聞いて行うものは、思慮深い人に例えられるでしょう。それは岩塊の上に家を建てた人です。そして、雨がどしゃぶりに降って洪水が来、風が吹いて打ちつけても、その家は崩れ落ちませんでした。岩塊の上に土台が据えられていたからです。そしてまた、わたしのこれらのことばを聞いてもそれを行わない者はみな、愚かな人に例えられるでしょう。それは砂の上に家を建てた人です。そして、雨がどしゃぶりに降って洪水が来、風が吹いて打ち当たると、その家は崩れ落ち、その崩壊はひどいものでした」。